イルカやクジラが座礁・混獲したら

1. 生存しているかどうか確認してください
2. 北海道内の場合、いるかくじら110番へご連絡下さい。090-1380-2336
3. 市町村の水産関係部署,近くの水族館等に連絡してください。
4. 写真等で記録を取ってください。
5. 生存している場合は,状況に応じて,海に戻す努力をしてください。
・安全を第一とし、少しでも危険だと考えられる場合は、放置して下さい。
・ボートでの作業の場合は、必ず救命胴衣を着用して下さい。その他、安全確保に万全を期してください。
・噴気口をふさぐと窒息してしまいます。噴気口からの呼吸を確保してください。
・噴気口に水をかけると,肺炎など致死的なダメージを受けることがあります。体が乾くのはよくありませんが,致死的なダメージにはなりません。
・暴れるなどした場合,救出する人間が怪我をする可能性もあります。
・病気を持っている可能性もあります。もしかしたら人間に感染するかもしれません。注意してください。
6. 死亡している場合は,専門家の指示に従って,報告を行ってください。
・うち上がったクジラやイルカは,大変貴重な科学資料です。場合によっては,新種の発見につながる可能性もあります。専門家の調査を依頼してください。専門家の到着が待てない場合でも、専門家に連絡をして、DNA標本の採集など、必要な標本の収集を行ってください。
地方自治体が取るべき対応等については、水産庁による鯨類座礁対処マニュアルに詳細がきさいされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA