イルカやクジラが座礁・漂着・混獲したら

いらすとや

イルカやクジラの座礁・漂着・混獲・河川港湾への迷入など、通常の生息状態ではない状態にあることをストランディングと言います。生きたまま座礁・迷入した場合は,うまく扱えば命を救うことが出来ることもあります。鯨類は洋上ではなかなか細部まで観察できないため,ストランディングによって死んでしまった個体は貴重な科学標本です。ストランディングの個体調査から新種が発見されることもあります。

ストランディングにであった場合,どのように対処したら良いかを,ここにまとめておきます。

  1. 生存しているかどうか確認してください。
     
  2. 写真を撮ってください。全身,頭部,口,腹,背びれ,尾鰭,状況など。全身写真は,メジャーやペットボトルを写真に入れて大きさがわかる様に工夫してください。
     
  3. 体長をなるべく正確に測ってください。
    体長はメジャーで測れると一番良いですが,メジャーがない場合は,ペットボトルの高さ (500ml=約20cm,2L=約30cm) を利用して測ることもできます。体長の測定は,その後の対処の準備に重要です。なるべく正確に測定してください。
     
  4. 北海道内の場合,ストランディングネットワーク北海道の通報窓口 北海道いるかくじら110番へご連絡下さい。
     通報専用電話  090―1380―2336
     通報専用メール kujira110@gmail.com
     通報フォーム こちら
    以下の情報をいただけると助かります。
     ①写真
     ②発見日時
     ③場所(地名,緯度経度)
     ④状況(頭数,生死,腐敗,食害,流出のおそれ等)
     ⑤体長(できるだけ正確に)
     ⑥通報経路(発見者以外が通報する場合)
     ⑦写真公開の可否,写真に表示する撮影者名
    ・関係官庁等への連絡は,当方より遺漏なくおこないます。
    ・お差し支えなければ,いただいた写真を学術目的で,公開,保存,活用させてください。「©撮影者名」を表示しますので,表示する撮影者名をお知らせください。非公開,撮影者匿名等も対応いたします。御相談ください。
    ※北海道以外の場合は,以下へ連絡し指示を仰いでください。
    鯨類漂着一般:国立科学博物館 Tel: 029-853-8901 (担当:田島木綿子先生)
    定置網へのヒゲクジラの混獲:日本鯨類研究所 Tel: 03-3536-6521
     
  5. 生存している場合,現場の方が,海に戻す努力をした方が良い場合もあります。その際,まずは専門家の指示を仰ぐとともに,以下の点に十分注意してください。
    • 噴気口をふさぐと窒息してしまいます。噴気口からの呼吸を確保してください。
    • 噴気口に水をかけると,肺炎など致命的なダメージを受けることがあります。体が乾くのはよくありませんが,致命的なダメージにはなりません。
    • 暴れるなどした場合,救出する人間が怪我をする可能性もあります。
    • 病気を持っている可能性もあります。もしかしたら人間に感染するかもしれません。注意してください。

関連情報