年初来累積受報件数が過去最高になりました

年初からの累積受報件数を創立した2007年以来調べたところ,過去最高となりました。8月に入って8日間で10件とハイペースで鯨類漂着の報告を受けております。 ここ数週間はカマイルカとスジイルカの漂着が目立ちます。カマイルカ … [Read more…]

論文・発表一覧を作りました。

ストランディングネットワーク北海道の標本等を用いた論文,発表一覧を作成しました。 誤りや未掲載の論文,発表があれば,お知らせください。

漂着場所マップ

2007年~2019年の漂着場所マップを作成しました。マークをクリックすると,SNH番号や鯨種が表示されます。

ハッブスオウギハクジラについて

4月14日に様似町で座礁死亡したハッブスオウギハクジラは、大変希少な種です。今回の漂着は、世界で62例目、日本で18例目、北海道で5例目になります。 クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属し、学名は M … [Read more…]

鯨類以外の漂着について

最近、鯨類以外の漂着の情報提供が増えてきています。 残念ながら現在、私たちで、鯨類以外について対処できる能力がありません。 以下の機関/団体が、トド、アザラシ、ウミガメについて情報を収集していますのでご紹介します。 トド … [Read more…]

SNH14035 ナガスクジラについて

SNH14035について、慎重に検討した結果、尾鰭の模様から「ナガスクジラ」と同定いたしました。 相当に希少な種で、北海道では3件目の漂着報告になります。 1件目:SNH08069? 貨物船が舳先にナガスクジラの死体を引 … [Read more…]

コマッコウについて

標準和名:コマッコウ 学名:Kogia breviceps ハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属に属する小型鯨類 小型のマッコウクジラという意味で「コマッコウ」という名前がついているが、体長からみると成体は大型のイルカ類 … [Read more…]

死体状況の評価について

今後、死体の状況の評価を以下の5段階で行うこととします。 1:生存 2:新鮮(食用可能な程度) 3:腐敗(外形はほぼ完全だが、膨化が明か) 4:腐敗進行(皮膚がはげ落ち、食害を受ける) 5:ミイラ・白骨化(皮膚の下に骨の … [Read more…]