新種クロツチクジラを発表 ―SNHの調査が貢献―

国立科学博物館動物研究部・北海道大学大学院水産科学研究院他の研究グループは、合衆国自然史博物館海棲哺乳類部門とともに北海道沿岸に漂着した鯨類を調査・分析した結果、これまで科学的には認識されていなかった種が存在することを確認し、Berardius minimus Yamada, Kitamura and Matsuishi, 2019として記載しました。

本種が新種であると判断された根拠は、当該個体群が既知種に対し、
・成熟個体の体長が有意に小さい
・体長に対する吻(ふん)の相対長が有意に小さい
・体色が黒い
・頭骨形態が異なる
・ミトコンドリアDNAおよび核DNAに有意な差が認められる
などが挙げられます。

本研究成果は8月30日18時(日本時間)に、科学誌ネーチャーが発行するScientific Reportsに掲載されました。

本種については,従来漁業者などは、いわゆるツチクジラとは異なる「クロツチクジラ」とよんで区別していたものに相当すると考えられるので、本種の和名として「クロツチクジラ」を提唱しました。


【背景】
北海道の捕鯨関係者の間では、いわゆる「ツチクジラ」には通常のツチクジラと比べて色が暗く小さい「クロツチ」あるいは「カラス」と呼ばれるものがいると言われていましたが、その正体はこれまで明らかになっていませんでした。

北海道大学 松石隆教授が主宰している漂着鯨類調査グループ「ストランディングネットワーク北海道」(SNH)が、2008年以降収集した北海道各地に漂着したアカボウクジラ科の3個体は、噴気孔の形態などツチクジラ属の特徴がありましたが、頭部をはじめ、外部形態が従来知られているツチクジラとは異なることが指摘されました。

Kitamura et al.(2013)は、この3個体と既知のツチクジラ67個体からそれぞれ抽出したDNAシークエンスと、文献的に明らかにされていたミナミツチクジラのDNAシークエンスを比較考察して、明らかな相違を確認、既知種とは異なるツチクジラ属の未知種存在の可能性を提起しました。その後、Morin et al.(2017)は、同様の遺伝的組成を持つ未知種個体がアリューシャン列島にも棲息していることを報告しました。この未知種を新種として記載するには、その形態学的特徴を把握し、総合的な解析によってツチクジラ属の既知の二種(ミナミツチクジラおよびツチクジラ)との関係を明らかにすることが必要でした。

【研究手法】
本研究では、SNHが収集した未知種6個体の形態学的解析を行いました。これらのうち4個体については国立科学博物館で全身骨格標本とし、それらの形態学的特徴の把握と計測結果の多変量解析などを行い、この6個体は、形態学的に既知のミナミツチクジラB. arnuxiiおよびツチクジラB. bairdiiのいずれとも異なる別の種である事が示されました。

伝統的には、形態学的記載が種記載には不可欠で、その基礎となる骨学的研究には、既知種の特徴を詳細に把握し、未知種の特徴を対比する必要があるので、既知種のタイプ標本はもちろんのこと、種の特徴を捉えるため多数の標本を渉猟し、種としての全体像を把握する必要があります。国立科学博物館の山田格名誉研究員と田島木綿子研究主幹は、国立自然史博物館(パリ)、合衆国自然史博物館(いわゆるスミソニアン博物館、ワシントンDC)、国立自然史博物館(ストックホルム)に収蔵されているツチクジラ属のタイプ標本を精査し、さらに、自然史博物館(いわゆる大英自然史博物館、ロンドン)、アカトゥシュン博物館(ウシュアイア)などに所蔵のツチクジラ属標本をも加えて比較、検討を行いました。

B. bairdiiB. arnuxiiの形態学的な識別は困難とされていますが、今回調査した未知種の頭骨は各部の比率が独自であると同時に脳頭蓋形状などに顕著な特徴があり、この2種とは明らかに異なることが示されました。すなわち、この未知種の成熟した雄個体の体長が6.2-6.9mであるのに対し、オホーツク海に生息する既知のB. bairdii 34個体の平均体長は10.0m(Kishiro 2007)と統計学的に有意に異なり、体長が顕著に小さいことが確認されました。

さらにB. bairdii 10個体、ミナミツチクジラB. arnuxii 7個体と未知種4個体の頭蓋計測値の主成分分析および判別分析を実施したところ、これら3グループは重なりなく明確に分離されることが確認されました。
さらに2014年以降SNHが新たに入手した未知種3標本をくわえた計8個体の未知種の遺伝子情報と、ツチクジラB. bairdii 7個体、ミナミツチクジラB. arnuxii 2個体のミトコンドリアDNAコントロール領域(879-bp)の分子系統解析を行ったところ、B. bairdiiB. arnuxiiの遺伝的差異に比べて未知種と既知の2種との差異が明らかに大きいことが改めて確認されました。

上記の結果を総合して、この未知種鯨類は独立の種として世界のクジラに加えるべきものであるとの結論に到達し、新種Berardius minimusとして記載し報告するに至りました。

なお分類学の世界では、種は属名と種小名(いずれも原則としてラテン語表記)で認知されます。本種が属すると判断されたツチクジラ属(Berardius)を属名とし、そして少なくとも現状では属内で最も小さい特徴を示すべくラテン語で「最も小さい」意の「minimus」を種小名としました。英名については関係者間では「black berardius」と呼んでいますが英名中にラテン語属名を含むのは好ましくないとの意見もあり英語を母国語とする人々の間で妥当な英名が醸成されるのを待ちたいと考えています。

【研究成果】
これらの結果から本種は新種であると断定しました。
学名:Berardius minimus
命名者:山田格、北村志乃、松石隆
英名:未定
標準和名:クロツチクジラ
ホロタイプ標本:国立科学博物館所蔵NSMT-M35131(北見市常呂町に漂着,成熟雄個体骨格)


論文情報
論文名 Description of a new species of beaked whale (Berardius) found in the North Pacific
(北太平洋で発見されたツチクジラ属新種鯨類の記載)
著者名 山田格1,北村志乃2,阿部周一3,田島木綿子1,松田純佳3,James G. Mead4,松石隆3,(1国立科学博物館,2岩手大学,3北海道大学,4スミソニアン博物館)
雑誌名 Scientific Reports(総合科学学術専門誌)
DOI  https://doi.org/10.1038/s41598-019-46703-w
LSID urn:lsid:zoobank.org:pub:52AD3A26-4AE6-42BA-B001-B161B73E5322
公表日 日本時間2019年8月30日(金)午後6時(英国標準時間2019年8月30日(金)午前10時)(オンライン公開)


Yamada et al. 2019 に掲載されたクロツチクジラのイラスト

2016年ストランディングネットワーク北海道活動報告書

2016年の活動をまとめた報告書ができました。こちらよりダウンロードしてください。

2016年に受報した北海道沿岸の鯨類ストランディング情報は63件72頭でした。鯨種別では,ネズミイルカ18件20頭,ミンククジラ10件10頭,カマイルカ7件7頭,イシイルカ3件10頭(イシイルカ型1件8頭,型不明2件2頭),シャチ3件3頭,スジイルカ3件3頭,ザトウクジラ,マッコウクジラ各2件2頭,オウギハクジラ,ザトウクジラ各4件4頭,マッコウクジラ2件2頭,アカボウクジラ,オウギハクジラ,セミクジラ,ナガスクジラ,ハッブスオウギハクジラ,ハナゴンドウ各1件1頭などでした。63件中62件について写真を取得し,また49件(77%)について標本を取得しました。

10月16日,茅部郡森町尾白内町沖定置網において,セミクジラ(SNH16037 950cm ♀)が混獲し,陸揚げ後,仲卸業者が解体して販売されました。北海道内での同種の漂着は2014年6月24日に厚岸郡浜中町に下顎のみが打ち上がった事例(SNH14025 460cm)の報告に次いで2件目です。

2016年はスジイルカの漂着が相次ぎました。スジイルカは2003年7月に標津郡標津町で白骨化した個体の漂着が報告されていた後,2015年7月27日に十勝郡浦幌町において漂着した個体(SNH15032 250cm ♂)まで漂着報告がありませんでしたが,2016年1月11日には釧路市(SNH16002 147cm ♀),6月27日山越郡長万部町(SNH16019 244cm ♂), 8月25日には釧路市(SNH16028 228cm ♂)と相次ぎました。

9月17日,斜里郡斜里町においてハナゴンドウ(SNH16032 288.7cm ♂)の漂着がありました。全身を回収し,翌日東京農業大学オホーツクキャンパスにて剖検に供ししました。本種の北海道での漂着は,2006年10月6日に紋別郡湧別町での漂着が確認されて以来,10年ぶりです。

SNHでは,引き続き道内の漂着鯨類情報および標本採集を行い,鯨類研究に寄与したいと考えています。ご協力のほど,よろしくお願いいたします。

国立科学博物館 田島木綿子博士,山田格博士,東京農業大学 小林万里教授,帯広畜産大学 中郡翔太郎様,羅臼町在住 桜井憲二様をはじめ,ご協力いただきました皆様に感謝いたします。

ストランディングネットワーク北海道活動報告書

創立10周年記念シンポジウムの開催について

ストランディングネットワーク北海道(SNH)は,北海道内の漂着・混獲・座礁鯨類の情報と標本を収集することを目的として2007年に創立された研究グループで,各方面のご協力を得て,今年創立10周年を迎えます。この機会に,今までのSNHの活動の成果や意義を振り返り,今後のSNHの活動をより意義あるものにするとともに,他地域のストランディングネットワークとの連携や発展につなげる議論を行うことを目的として,シンポジウムを開催します。

日時: 2017年6月24日(土) 9:30~16:00
場所: 北海道博物館 講堂
主催: 日本セトロジー研究会
共催: ストランディングネットワーク北海道 北海道博物館
協賛: 公益財団法人 北水協会

できれば事前にこちらから参加登録をお願いします。

同時開催:日本セトロジー研究会第28回(札幌)大会 6月24日(土)~25日(日) 北海道博物館講堂

ホームページを移転しました

ホームページを、seesaaブログからこちらへ移転しました。

新しいアドレスは、http://kujira110.com/ です。

専用のドメインを取得し、http://www.kujira110.com/ でもアクセスできますが、現在は転送されているだけで、ドメインとIPが対応していません。将来的にはSNH専用にサーバーをレンタルして、http://www.kujira110.com/で各ページへもアクセスできるようにしたいと思いますので、http://www.kujira110.com/をご登録ください。

seesaaブログに記載した過去の記事は全て移転しました。seesaaブログのページはまだ活きていますので、今までの各ストランディング記事へのリンクはしばらくはお使いになれます。

今後ともよろしくお願いします。

日本セトロジー研究会第23回大会

ストランディング個体の学術研究を取り扱っている、日本セトロジー研究会では、第23回大会を6月2日~3日に松島町中央公民館(松島町磯崎字浜1-2)で開催します。
6月2日(土)は公開特別講演「東日本大震災から一年を迎えた現地から」として、被災した博物館・水族館の復興等についての講演があります。また、6月3日(日)は研究会が開催されます。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2012ceto23.jpg

子供の科学に掲載されました

kk12_cover.jpg子供向けの科学雑誌の「子供の科学」にストランディングネットワーク北海道の活動が掲載されました。
これを見て、鯨類に興味を持ってくれる子供がいるかもしれません。機会があればお手にとってご覧下さい。